この記事は約 3 分で読めます

新谷酵素の効果的な飲み方

新谷酵素 いつ飲む

新谷酵素をいつ飲むのかという事ですが、飲むタイミングでベストなのは食事の前です。酵素には食べ物の消化を促進する効果がありますので食事の前に新谷酵素を水と一緒に飲めば消化酵素が効果的に働いて食べ物の消化を助けてくれます。特にダイエットなどで痩せたい方食事前のタイミングを忘れないようにして新谷酵素を飲みましょう。

 

食事の量が多い時は食べ物を消化するために胃腸の負担が大きくなりやすいので、新谷酵素を1日1回飲むなら1日のうちで一番多い食事の直前に水と一緒に飲むと消化を助ける酵素の効果が存分に発揮されるのでおすすめです。私の場合は晩御飯が一番多いので新谷酵素をいつ飲むのか聞かれた場合、晩御飯の前に飲むと答えます。

 

 

新谷酵素 飲むタイミング

新谷酵素の飲むタイミングは先に述べたとおりですが、食事前に飲み忘れてしまった場合、食後に飲んでも構いません。食事前がベストタイミングですが食後に摂っても新谷酵素の効果があるからです。

 

私は最初、食事前に飲むのが新谷酵素の飲むベストタイミングというのを知りませんでしたので、口コミ体験談のページで紹介しているのは食後に摂ったときの私の体験談でした。でも、しっかりと新谷酵素の効果は出てました。

 

ただし、痩せたい方やダイエット中の方で食べ物の消化と代謝をより効率良く働かせたいなら食後よりも食前の方がおすすめの飲むタイミングです。

 

新谷酵素の効果をしっかりと確認するにはとにかく毎日続けて飲む事を習慣づけるのが1番大事です。食事前のタイミングに飲み忘れたからと言って、そのまま飲まないでいたら何も効果を発揮できません。忘れがちな人は毎日忘れないような新谷酵素の飲み方をご自身で考えて頂くと良いと思います。

 

食事を摂るタイミングが日によって不規則な方は、なるべく規則正しく毎日同じ時間帯に食事と新谷酵素を摂るようにすると更に良いです。これは体内リズムの考えに基づくものです。

 

1日の時間帯によって胃腸が活発になる時間帯が異なりますが、不規則になると胃腸が働くタイミングがバラバラになって食べ物の消化が十分発揮されませんのでなるべく毎日規則正しく同じ時間帯に新谷酵素と食事を摂るのがベストです。

 

 

新谷酵素の飲み方

新谷酵素を1日3回飲んでも構わない方は3回の食事の前に毎回飲みますが、その場合は新谷酵素の1日の最大摂取量が12粒なので、1回4粒までにして1日3回で4粒×3=最大12粒までにしましょう。

 

下痢になりやすい体質の方が新谷酵素を摂りすぎると下痢になる可能性がありますので最大量の1日12粒までに抑えて1回の飲み量を調整して下さい。新谷酵素の飲む規定量は1日4~12粒ですが体質によって効果に差が出ますので効果が出にくい人は多めに摂り、効果が出すぎて下痢などになりやすい方は少なめに摂ると良いでしょう。

 

酵素自体、熱に弱いので新谷酵素は水かぬるま湯と一緒に飲むのが基本です。新谷酵素と一緒に飲む水は少し多めに摂ると良いです。胃の中で消化酵素が十分に効果を発揮してくれます。

 

他のサプリメントと新谷酵素を一緒に飲んでも全く問題ありませんが、その場合は水は多めに飲むのがおすすめです。また、念のため、一緒に摂るサプリと新谷酵素の成分が重複してないか確認するといいでしょう。もし成分が重複しているものがあれば一緒に取らない方が無難です。

 

成分を調べられる方なら重複した成分を過剰摂取した場合、問題が無いかどうか調べてみましょう。万が一、実際に一緒に飲んでなにか問題があればただちに中止して下さい。また、医師から薬を処方されてる方はかかりつけの医師に飲み合わせに問題が無いかどうかご相談して下さい。

 

新谷酵素は食品と同じで、自然由来の成分を中心に作られてますので安全性が高いです。お子様や授乳中・妊娠中の方も同じ飲み方で全く問題ありません。

 

 

 

 

>>新谷酵素をもっと知りたい方はこちら<<

 

 

 

Pocket
LINEで送る